訪問看護とは

病気や障がいを持ったとしても、在宅で安心して生活できるよう、看護師がご自宅に伺って看護を提供するサービスです。
医師の指示に基づき、ご利用者様に必要な看護を行います。ご利用者様が必要とする目に見えない援助にも、専門的な視点から気づきお一人おひとりに合った看護を提供します。

健康相談
健康相談

・健康状態の確認とアドバイス
・血圧、脈拍、体温、呼吸等の状態の観察
・病状の観察と療養相談

一人で生活をしている。高血圧症であるが、血圧の薬を飲むことをすぐに忘れてしまう。
→ 血圧測定を行い、健康状態の確認を行います。服薬が出来ていない理由を明らかにし、ご利用者様にあった服薬方法を検討します。服薬が出来るようになるまで、何度でも一緒に考えます。

日常生活の看護
日常生活の看護

・食生活の援助 ・寝たきりの予防援助
・清潔の援助  ・在宅療養環境の整備
・排泄の援助

病気になって大好きだったお風呂に一人で入れなくなってしまった。
でも、もう一度湯船に浸かりたい。

→ご利用者様の状態や環境なども踏まえ、安全に配慮した入浴介助を行います。一人の介助で不安があれば、ご希望に応じて複数人で訪問し、湯船に浸かることが出来るよう援助します。

治療促進、症状緩和のための看護
治療促進、症状緩和のための看護

・床ずれや創傷の処置
・医療機器や器具装着の管理
・その他主治医の指示による処置

ベッドで過ごすことが徐々に多くなってきた。長い時間横になっていると、床ずれができてしまわないか心配になる。
→ご利用者様の皮膚の状態やベッド上での体勢を確認し、床ずれ予防に努めます。床ずれ予防には、体位変換や栄養状態の改善などが効果的です。心配な場合は毎日でも状況を確認します。

認知症の看護
認知症の看護

・認知症状に対する看護
・生活リズム調整

認知症がひどくなったらどうなるの?色んなことがわからなくなるのかな?
→ご利用者様の楽しかったこと・好きだったことを継続できるよう、出来る限り支援し認知症の進行を予防するよう努めます。たとえ、認知症が進行しても自分らしさを失くさないように、ご利用者様が大切にしている生活に寄り添った関わりをします。

精神・心理面の看護
精神・心理面の看護

・不安定な心理状態に対する看護
・服薬自己管理支援

病気になってしまってこれからどうなるのかが心配だ。相談する相手もおらず、不安で仕方がない。いろいろな相談を聞いてほしい。
→訪問している間はご利用者様だけの時間です。楽しいことや嬉しいこと、心配事などいろいろな話をしましょう。訪問時間外においても、ご希望があれば、24時間のサポート体制がありますのでご安心ください。

終末期の看護
終末期の看護

・疼痛のコントロール
・看取りのケア
・精神的な支援

家族と共に住み慣れた自宅で最期を迎えたい。
→最期を迎えるにあたり、ご利用者様もご家族様も覚悟が必要となります。時には厳しいことをお伝えするかもしれません。私たちは人生の価値は長さだけではないと考えています。治療に頼るだけではなく、ご利用者様やご家族様が納得する最期を迎えられるようお手伝いします。

社会資源の導入に関する助言やケアマネージャー等の関係者への連絡
社会資源の導入に関する助言やケアマネージャー等の関係者への連絡

病気を患ってから家にこもりがちになってきた。近所なら出かけることができると思うが、何かいい刺激はないかな?
→ご利用者様の人柄などを最大限考慮したサービスの導入を致します。住み慣れた地域の方々と連携を図り、地域社会への参加をお手伝いします。

家族看護
家族看護

・日常生活に関する相談
・健康管理についての助言や精神的支援

夫が病気で寝たきりになってしまった。私も子供も仕事をしているから、これからどうすれば良いのかわからない。
→奥様が無理なくご主人を支えることができるよう、必要な看護を提供します。また、ご主人への看護を提供するだけでなく、介護をする上での悩みや不安を、安心できるまで何度でも伺います。ご家族の生活にも目を向け、すべての方が安心して生活ができるようサポートしていきます。

Copyright © 2015 GK inc. ALL Rights Reser ved.